18年の付き合いですが、コスト努力やサービスなど親身の対応が続いています。 株式会社 共立物流システム 様

ご利用の日産車

液体用コンテナ製造で国内No.1。オンリーワン重視の経営。

液体用コンテナ製造で国内No.1。オンリーワン重視の経営。今号でご紹介する株式会社共立物流システム様は、産業用原材料の輸送に使用するコンテナのメーカー兼商社です。液体、粉体、フィルムなどのコンテナがご専門で、特に食品、化粧品、インキなどを輸送する液体用コンテナの製造量では、競争の厳しいこの業界にあって国内No.1を他に譲ることなく、着実な成長を続けておられます。液体用コンテナ「タフテナ」は同社のオンリーワン商品。その開発に自ら携わったという代表取締役社長の神吉清二郎氏は、「私たちは単に商品をお届けするだけではなく、物流技術の観点からお客様のコストダウンに最適の方法論を提案します。お客様にとっては、コストとサービスが非常に重要な課題。品質を維持しながら目に見えないところまでトータル提案できることが当社の強みです」と言われます。全国2000社の納入実績のあるお客様のお困りやお悩みなど現場の声を直接聞くために、地方までご自身が出向かれることもあるとのこと。この神吉社長のパワフルな動きが、「つねに日本で初めてをめざす」という同社の姿勢と業績に結びついているようです。

日産の営業担当は空気のようなさりげなさで、対応は確実に。

株式会社共立物流システム 代表取締役社長 神吉清二郎氏大阪、東京、名古屋で営業所を展開されている共立物流システム様。現在ご利用の日産車は、営業担当者用のウイングロード11台、サンプルコンテナを運ぶためのNT450アトラス1台の計12台。「カーライフアドバイザーの平田さんが18年前、初めて当社に来られた時は正直なところ、ほとんど印象に残りませんでした。しかし、その後は“継続は力なり”でしたね」と神吉社長。ご自身のビジネスで培われた厳しい眼で、コストやビフォー、アフターのサービス対応などの提案にご満足いただき、まずサニー(当時)導入が決まりました。「その親身の対応は今も変わりませんし、実務担当の社員たちの信頼も得ています。また、平田さんの個性が自然体で“癒し系”かつ私には清涼剤です」とも言われています。平田CAは「神吉社長には仕事への姿勢など、いろいろ教えていただくことばかりで、とても感謝しています」と語っています。

長距離を走る社員のために
「快適」な商用車を。

NT450アトラスお客様が全国に広がる同社は、営業エリアが広く、大阪営業所からは四国や九州まで行くこともあるとか。「機能としては4ナンバーでも充分だが、やはり運転する社員のことを考えると5ナンバーに」と、神吉社長からは、快適さへの強い要望がありました。

足回りがよく、乗りやすい
ウイングロードをご提案。

同社商用車の平均走行距離は年間30,000kmにも及びます。そこで平田CAは運転がしやすく、乗り心地のよいウイングロードをご提案しました。広いリアシートの居住性やラゲッジスペースの使いやすさなど商用車としての機能も満たすウイングロードには実際に運転される社員の方々からもご満足いただいています。
また、商用車だけでなく社長車についても、平田CAが日産車をご提案しました。お付き合いが始まった頃は、完成度の高い高級車に乗っておられましたが、個人車にもこだわりを持たれていた神吉社長にフーガをご提案したところ、とても気に入っていただいたのです。「ワクワク感のある車です。スポーティで、デザイン性、ゆとり、広さなどどこをとっても満足しています」とのこと。個人的には、将来はぜひG-TRに、というご希望もおもちです。

堀江店からひとこと

“One for all, All for one”。全員のチームワークでお客様に満足を。

堀江店 店長 角倉弘恭
日産大阪販売 堀江店 店長 角倉弘恭

大阪の中心で80%が法人のお客様です。いつどんなご要望が発生しても的確にお応えできるよう、ふだんから密なコミュニケーションをとるようにしています。また、店全員が意識をもち、チームプレイでスムーズな対応をめざしています。

日産大阪販売 堀江店 大阪市西区南堀江3-14-22 Tel.06-4390-2305
日産大阪販売 堀江店

会社概要

株式会社 共立物流システム 様

大阪府大阪市中央区瓦町1-6-10 JPビル
Tel. 06-6227-0210(代表)
事業内容:各種コンテナの製造・販売・リース、包装・荷役・輸送・保管・情報の機器および資材の製造・販売・リースならびにそれらに関するシステムの販売・コンサルタント業務 など。営業所:大阪、東京、名古屋
http://www.kpds.co.jp/

株式会社 共立物流システム様

日産大阪のホームページへ

このページの先頭へ