日産大阪
日産大阪

乗った瞬間、みんなが驚いた!日産の先進技術

※ 進行方向に壁などの障害物、車両や歩行者(前進時のみ)などがいる場所で、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えやブレーキ操作が遅れたとき、警報音と表示で警告し、さらに過度な加速の防止や障害物への衝突防止を支援します。

※ ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、前方の車両や歩行者との衝突回避操作を支援、または衝突時の被害や傷害の軽減を目的としています。

※ RCTA(後退時車両検知警報)はドライバーの代わりに周囲を確認したり、車両と障害物との接触を防いだりする機能ではありません。駐車スペースから後退するときは、機能に頼らず、必ずドライバー自身で周囲の安全を確認してください。シフトポジションがRで、自車車速約8km/h以下のとき作動します。約20m先から近づいてくる車両を検知します。

* 全高1.8m以上の1.2〜2.0Lクラス 7/8人乗りミニバンへのアダプティブLEDヘッドライトシステムの搭載がクラス初(2019年7月現在 日産調べ)。※ アダプティブLEDヘッドライトシステムは、車速が約30km/h以上でヘッドランプを点灯しているとき、対向車や先行車に照射しないよう自動でハイビームの照射範囲を切り替えます。車速30km/h以上で一度システムが作動すると、15km/hまではハイビームの自動可変配光を維持し、約15km/h以下になるとロービームに切り替わります。

※上記価格には特別塗装色代は含まれておりません。

Photo:e-POWERハイウェイスターV(2WD)。 ボディカラーはサンライズオレンジ(RPM)/ダイヤモンドブラック(P) 2トーン〈スクラッチシールド〉〈特別塗装色:75,600円〉。

まだまだあります!
日産の先進技術搭載車

クリックすると各車種の詳細ページを確認できます。

【ご注意】安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、ドライバーは天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。

▼ 注意事項の詳細を見る