仕事の8割は基本の繰り返し。基礎を踏まえてこそできる「かっこいい仕事」

日産ハイパフォーマンスセンター 川口店 サービス課 主任 テクニカル・スタッフ 本徳 光紀さん

「仕事をするうえでは、かっこいい仕事がしたい」という本徳光紀さん。
GT-Rの認定TS(テクニカル・スタッフ:整備士)として活躍する本徳さんは、
まさに、整備士ならだれもがあこがれる「かっこいい仕事」をしていると言えるでしょう。
ただ、その「かっこいい仕事」をするうえで大事にしているのは、
意外にも、「基本の徹底」と「チームワーク」だそうです。その理由とは――。



人に恵まれ、成長できる環境

「父は建築士で、バイクが趣味でした。研究熱心な努力家で、フレームから組むような人だったので、身近に工具があるのが当たり前の環境で育ちました」

そんなお父様の背中を見てきたので、本徳さん自身も、「デスクワークより、技術職がいい」と、日産京都自動車大学校に進学。2007年に日産大阪に入社しました。

とはいえ、整備士というのは、簡単な仕事ではありません。入社後は、先輩との力の差を感じ、葛藤もありました。

「日産大阪には『ブラザー制度』という仕組みがあり、先輩が教育係として付いてくださいます。私に付いてくれた方は、私より10歳も年上。教えていただく環境としてはよかったのですが、あまりにも力の差があり、それを目の当たりにしました。当時の上司に、『ぼくはいつになったら、あの人に追いつけるんですか』と生意気な口をきいたのを今でも覚えています。

ただ、年が離れているから追いつけないということはありません。先輩を追いかける、いつかは追い抜くという覚悟で取り組んできました」

先輩方は、本徳さんのやりたい仕事を積極的に任せてくれたそうです。それに対して、本徳さんは、結果で応えようとする。その結果、1年目の終わりには、ある程度のことを1人でこなせるようになり、自信につながりました。

「以前在籍していた店舗でも、今の店舗でも、尊敬する上司・先輩に囲まれて、日々、刺激を受けながら仕事に取り組んでいます。人には恵まれていますね」

先輩をいつかは追い抜くという覚悟で取り組む本徳さん

基本的なことを常に確実に

本徳さんが「かっこいい仕事ができている」と感じるのは、やはり、周りの人に認められたときです。

「お客様からの『ありがとう』であったり、上司からの『よくやった』、後輩からの『すごいですね』といった言葉をいただくと、うれしいですね。時間のかかる仕事を任され、予定より早く完璧に終わらせることができた際に、先輩に『早っ! どうやったのか教えてくれや』と言われたりすると、自分の成長が実感できます。

我々の仕事はお客様ありきですが、お客様から勉強材料をいただいているようなものです。自分の成長を感じることができる、とてもやりがいのある仕事です」

「仕事の8割はルーティーン。やればできると思っています」

整備の仕事で心掛けていることを伺うと、こんなお答えをいただきました。

「伝統芸能でも、型が決まっていて、それを突き詰めていくことが重要です。そのうえで新たなことをするのが“型破り”。基礎ができていないと“型無し”になってしまいます。学校で習ったことや先輩に教えていただいたことを確実にできるように、いかに自分自身の実力にしていくかが大切です」

基本的なことを常に確実に行う――簡単なようで、なかなか徹底できるものではありません。

そのために本徳さんがやっている“こだわり”がユニークで、出社前にコンビニで同じ商品(ミント風味のタブレット菓子)を購入することだそうです。仕事前の儀式のようなもので、同じ商品を買って口に入れることが、仕事モードへのスイッチになっています。自分なりのルーティーンがあることで、イレギュラーなことがあっても冷静に対処できます。

基本的なことを確実に行うよう徹底しています

仕事はチームで行うもの

もう一つ意識しているのが、「仕事はチームで行う」ということ。時に励まし、励まされたりと、お互いを高めあうことで、仕事の質はよくなると考えています。

「実は、若いころは、周りのことをあまり見ずに、自分の仕事だけをがむしゃらにやり、『これだけやっているのに、どうして評価されないのか』と、不満に思っていた時期があります。

でも、ある日、考え方を変えてみたんです。自分だけよくても、店舗全体の評価は上がらない。お店をよくするために自分が動き、周りの人のモチベーションも上げることができれば、その結果が自分にも返ってくる。先輩方を見ていて、そこに気づきました。

今は、店舗全体、会社全体のことを考え、みんなの向かっている方向をそろえながら引っ張っていくことを意識しています」

広い視野で物事を捉えるようになった本徳さんに対して、副店長も高い信頼を寄せています。

「川口店にはGT-Rの認定TSとして配属されましたが、その特別なクルマとお客様のご用命にもかかわらず、持ち前の明るさでお客様からの評判もよく、整備に関しても安心して任せることができます。また、店舗全体の業務を把握し、チーフの補佐や作業に困っている後輩へのアドバイスなど、視野の広い仕事ができ、次期チーフに推薦できる人材です」

励まし、励まされ、お互いを高めあっています

さらなる「かっこいい仕事」を目指して

本徳さんは、家庭では、子どもに尊敬されるお父さん。4歳になるお子さんは、日産車を見かけると、「お父さんの会社のクルマだね!」と目を輝かせるそうです。

「子どもから見て、かっこいい父親でありたいという気持ちがあります。実際に子どもが仕事場に来たこともあり、自分の働く姿を見せられるのも、いい影響を与えていると思います」

お父様の影響で機械をいじるのが好きになった本徳さん。自分の子どもを整備士にしたいか伺うと……「選ぶのは本人。医者にでもなってくれるといいですね」(笑)。

お客様へのメッセージをお願いすると、「お困りごとがあれば、何でも言ってください」という言葉が返ってきました。そう言えるのは、自分の仕事にプライドと自信を持っているからでしょう。

「何でも言ってもらったら、何でも直します!」

今後の目標は、学生時代に講師として教えに来てくれた先輩整備士を超えること。その方は今も現役で働いており、本徳さんと交流があるそうです。

「目標とする大先輩で、仕事に対する考え方など、その方の影響を強く受けています。やるからには、目指している人を追い抜くことが恩返しと思って頑張ります!」

店舗情報

日産大阪販売株式会社 川口店
〒550-0021 大阪府大阪市西区川口2-3-11
Tel.06-6581-1281 Fax.06-6581-1069
営業時間:販売・・10:00~19:00
サービス・・10:00~18:00
店舗詳細はこちら

※写真・掲載内容は2018年2月現在のものです


PICK UP STAFF

日産大阪のホームページへ

ページ上部へ