やらないと分からないことがある どんな仕事も プライドを持って取り組みます

日産ハイパフォーマンスセンター 高槻店 サービス課 テクニカル・スタッフ 有村 良太さん

2009年にテクニカル・スタッフ(整備士。以下、TS)として入社した有村良太さんは、
今でこそ、難しい資格も取得し、GT-Rの認定TSとして活躍していますが、
以前は、「資格なんて必要ない」と考えていたのだとか。
しかし、実際に挑戦したことで、「やらないと分からないことがある」と気づいたという有村さんに、お話を伺いました。



挑戦しないと分からないことがある

子どものころから自動車やバイクが好きで、学生時代はずっとガソリンスタンドでアルバイトをしていた有村さん。好きだった「スカイライン」や「グロリア」を取り扱っていた当時の日産プリンス大阪(現在の日産大阪)に入社しました。

入った以上、一生懸命働くつもりではいましたが、当時は、「資格なんてなくても、仕事はできる」と考えていたそうです。

「上司には、『資格は若いうちに取れ』とこんこんと言われましたが、当時はその意味がぜんぜん理解できませんでした。ただ、奥さん(『We are日産大阪』にも登場されています!)に、『会社員なんだから、会社のくれたチャンスには挑戦しなさいよ』と言われ、それもそうやなと思い、本腰を入れて勉強するようになりました。

挑戦して感じたのは、『やらないと分からないことがある』ということです。学科試験に受かって、実技試験のための研修に行き、そこで学んで分かったことがたくさんあります。勉強は大変ですが、やったらやっただけ身についていきます」

実技試験のための研修で学んだことがたくさんあります

「あなたでよかった」と言われるために

仕事をする中でやりがいを感じるのは、お客様から感謝の言葉をいただいたとき。「あなたでよかった」などと言われると、整備士になってよかったと感じるそうです。

「故障診断の際には、お客様と一緒にクルマに乗り、異音の同乗確認をすることが多いのですが、私の場合、修理を終えた後にも、一緒に乗って確認していただくようにしています。その際にかけていただく感謝の言葉は、本当にうれしいです。

修理の方針を決めるとき、『お兄ちゃんに任せるわ』と言われるのもうれしいですね。信頼していただけていると実感できます」

有村さんがお客様に信頼されていることがよく分かるのが、タイヤの販売実績です。2017年11~12月のキャンペーンでは、2カ月で234本ものタイヤを販売し、店舗としても過去最高の成績を収めるができました。

「タイヤは、クルマが唯一地面と接しているところなので、とても重要なパーツです。また、すり減ったタイヤを交換して気づかない人はほとんどいませんので、『換えてよかったわ』と言っていただけることが多く、そこからタイヤを売るのが好きになりました」

タイヤをお勧めするときに有村さんが大事にしているのは、お客様に納得していただくことです。

「私は少し変なところがありまして(笑)、どちらかというと、『えー、でもな、うーん……』というような迷われるお客様にお勧めするのが好きなんです。というのも、売れること自体が楽しいのではなく、納得していただくのが好きだからです。私にとっては、結果的に買っていただいたかどうかより、そこまでのプロセスのほうが重要です。そのために、説明の仕方も工夫しますし、タイヤについての勉強もします」

休みの日に、量販店にタイヤを見に行くことも多いそうです。値段を確認したり、特性を調べたりと、研究を怠りません。だからこそ信頼されて、ご購入につながるのでしょう。

有村さんは上司からの信頼も厚く、「常に現状に甘んずることなく、向上心を持って取り組む姿が、店舗において非常に心強い存在です。性格的にも明るく、TSを引っ張っていく力もあり、次期チーフ候補として頑張ってもらっています」と期待されています。

タイヤのこともお任せください

尊敬する先輩たちに近づきたい

同じ店の先輩たちについて、有村さんは、「引き出しの数が全然違います。尊敬しかありません」と言います。また、別のお店にも3人、目標とする先輩がいます。

「豊中北店のチーフは、故障診断などに関しては、早いし確実。私が新人のときのチーフですが、当時はそのすごさが分からず、今になって、『この人はすごかったんだな』と感じます。

川口店のTA(テクニカル・アドバイザー:サービス受付職)をされている方は、故障診断を外したことを見たことがありません。以前、同じ店にいたとき、タイヤホイールのロックナットの位置についてまで小言を言われ、『なんでそこまで言われなあかんねん』と思いましたが、プライドを持って仕事をしていたことに気づいてからは、尊敬に変わりました。

福島店のチーフは、かつて、生意気だった私を見捨てずに指導してくださった方です。整備に対する考え方や人をまとめるところなど、影響を受けています。

皆さん、私にとっては高い壁ですが、少しでも近づけたらと思っています」

一方、有村さんにも、4人の後輩がいます。

「教えるのは難しいですね。人によってタイプが違いますので、個性を見ながら教え方を変えています。指導する立場になって、『あのとき、先輩方も大変だったんだな』と分かりました。

高槻店には『黒のつなぎ(認定TSの制服)を着たい』という後輩が多いので、よく、『そのためにどうしたらいいか分かるよね』と話します。『資格なんて必要ない』と思っていた私ですが、今では資格にうるさい人になりました(笑)。

また、黒のつなぎを着ているからということではなく、『自分がちゃんとしていなくて、下に何を伝えられるか』というところがあるので、自分自身も、知識やスキルの向上に努めています」

最後に、お客様に向けてメッセージをいただきました。

「お客様にどうすれば喜んでいただけるかを常に考えて仕事をしています。また、町の車屋さんではなく、日産のディーラーとして、どんな仕事にもプライドを持って取り組んでいます。

ディーラーは敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。どんな小さなことでもいいので、ご相談があればお気軽にお立ち寄りください。ご来店をお待ちしております」

小さなことでもご相談があればお気軽にお立ち寄りください

店舗情報

日産大阪販売株式会社 高槻店
〒569-1135 大阪府高槻市今城町23-8
Tel.072-684-2311 Fax.072-683-8388
営業時間:販売・・10:00~19:00
サービス・・10:00~18:00
店舗詳細はこちら

※写真・掲載内容は2018年2月現在のものです


PICK UP STAFF

日産大阪のホームページへ

ページ上部へ