仲良くなるだけでなく頼りにされるCA目指して一歩ずつ成長していきます

高槻西店 カーライフ・アドバイザー
兼藤 紗耶さん

高槻西店のカーライフ・アドバイザー(営業職。以下、CA)として活躍する兼藤紗耶さんは、2015年に入社。この仕事に就いて3年が経とうとしています。
仕事も覚え、優秀な成績を上げている兼藤さんが今、心がけているのは、「堂々とすること」。
お客様と仲良くなるだけではなく、お客様に信頼される「頼れる担当者」を目指して、一歩ずつ着実に成長を続けています。



空を飛ぶCAか、クルマを売るCAか

就職活動では、多くの人が、どんな職業に就くか悩むもの。兼藤さんも二つの仕事で迷ったそうです。

「選考に残ったのが、日産大阪と、ある航空会社。カーライフ・アドバイザーとキャビンアテンダントで、どちらもCAです(笑)。最後の最後まで悩みましたが、最終的な決め手は、「私が担当者」と言えるお客様ができたらいいなと思ったことです。学生時代に接客のアルバイトをしていましたが、リピーターがついたとしても、それは、私のお客様ではなくお店のお客様。クルマを売るほうのCAになれば、『自分』が担当するお客様を持てると考えました」

空を飛ぶほうのCAも大変な仕事ですが、こちらのCAも楽な仕事ではありません。最近は女性CAに対する会社の期待が大きく、採用数も年々増えています。お客様と接する上で発揮できる強みは多いのですが、クルマの内部構造など、専門的な知識は覚えるのが大変だと感じる女性も多く、兼藤さんもその一人です。

「クルマの内部のことは難しいですね。特に初めのうちは、『何気筒?』と聞かれたら、『気筒?』みたいな反応になってしまって(笑)。ただ、自分が詳しくないからこそ、お客様には、分かりやすく伝える努力はしています。それと、クルマは日常生活で使うものですので、そうした視点から、よりよい提案ができるように心がけています。

『ありがとうと言われるのが仕事です』と言われて入社しましたが、それだけでやっていける仕事ではありません。入社した当時の店長に言われたのが、『自分に何か光るものを持て』ということです。何でもよいので、『これは絶対に1番を取る』という意識を持てれば、それが自分のモチベーションになる。優しいお客様にありがとうと言われて満足していると、仲良くなるだけで終わってしまいます」

入社から1年半はお客様と仲良くなることに専念しましたが、そんななかでも、「お客様アンケートに一番多く名前を書いてもらう」「兼藤のテーブルが一番楽しそうと言われる」など、自分の光るものを持とうと取り組みました。

「二つのCAで最後の最後まで悩みました」と話す兼藤さん

先輩のよいところを全部吸収する!

高槻西店のCAは全部で8人。個性豊かな精鋭ぞろいです。

「皆さん、個性が強くて、皆、仕事のやり方が違います。物静かに結果を出す方もいれば、笑顔と笑いで売る人、ストイックに法人にアプローチする人、論理的に説明する人……皆さんのよいところを吸収したいです。

先輩方は、私から助けを求めれば、必ず助けてくれます。だけど、待っているだけではダメ。女性だから、年が離れているから、と遠慮することはなく、意外とズカズカいきます(笑)。先輩方からも必要以上に気を遣われないので、居心地がいいですね」

最近、テクニカル・スタッフ(整備士。以下、TS)からCAに職種変更した、先輩のような後輩のような方がチームに加わりました。

「営業のキャリアは私のほうが長いのですが、私の分からなかった『何気筒』を知り尽くしていらっしゃるから(笑)、学ぶことが多いです。物腰が柔らかで説明も分かりやすいので、お客様にも人気なんです。よい面を吸収しようと、電話で説明している会話に聞き耳を立てています。

CAだけでなく、TA(テクニカル・アドバイザー:サービス受付職)やTSとも積極的に話すようにしています。私は、顔に出るタイプだからか、皆さん優しく声をかけてくれます。このお店が大好きです」

「先輩方のよいところを吸収したいです」と語る兼藤さん

ページ上部へ