正直な接客で、金賞を初受賞!

田中さんが受賞した優秀カーライフ・アドバイザー表彰には、金賞と銀賞があります。日産大阪の社内表彰である銀賞に対して、金賞は、全国の販売会社から選ばれるメーカー(日産自動車)の表彰。簡単に取れるものではありません。
金賞を取るためにどんな努力をされたのか伺うと、「ぼくが目指したのは、17年度に100台販売することだけです。お世話になっている坂本副店長が店長になられたので、お礼も兼ねて自分の実績も大台に乗せようと考えました」とのこと。表彰はポイント制なので、販売したクルマの車種によっても点数が変わりますが、高得点をねらうことはしなかったそうです。

とはいえ、それだけの台数を販売するのは、簡単ではありありません。「たくさん販売するためのコツは?」と伺うと、ここでも「正直にやるだけ」と、なんとも田中さんらしいお答え。

何事もごまかさず、とことん正直に!

お客様に感謝

金賞を受賞して帰ってきた翌日、「おめでとう」と言って新車をお買い求めいただいたお客様がいたそうです。正直な接客が愛されているのですね。
「そのお客さんとは、100台販売を目指して取り組んでいたときに、『99台になったら買ってくださいね!』と約束してもらっていたんです。でも、その年の期末の時点で10数台足りず、『偉そうなことを言ったけど、諦めます』と謝りに行きました。奥さんが『かわいそうやから、買ってあげなよ』と言ってくださったのですが、丁重にお断りして。
でも、悔しくて、そこから頑張って、今回目標を達成し、金賞を受賞することができました。それを祝ってくださったので、本当にうれしかったです」

「お客様には、感謝しかありません」

自転車に乗れたときのうれしさ

田中さんは、整備士出身ですのでクルマの構造には詳しいですが、それでも、クルマは日々進化していますので、勉強は必要です。学び続けるのは大変ですか。
「不思議なもので、趣味って自動的に頭に入ってきますよ。学ぼうとするとなかなか入ってこないですけど(笑)。他メーカーのディーラーに行って、飾られているクルマを見たり、カタログを見たりもします。他社にもそれぞれ魅力がありますので、学べることがあります。勉強するということではなく、興味ですね」

現在、日産では、先進技術で、クルマを安全でもっと快適に、もっと楽しくする「ニッサン インテリジェント モビリティ」という取り組みを行っています。言葉で説明しただけでは伝わりづらいこの取り組みの魅力を、田中さんなら、どう伝えるのでしょうか。
「たしかに難しいですね。機能については、説明書に載っているようなことを説明するしかないのですが、ぼくはよく、お客さんにこんな話をします。『ぼくは、はじめて自転車に乗れたときのうれしさを今でも覚えています。雨の日でも毎日乗りたくなるくらいに。それと同じような感覚ですね』。だれもが経験している自転車に置き換えることで、ワクワク感をイメージしてもらえればと考えています。クルマがただの移動手段ではないというコンセプトを伝えたいですね」

最後に、お客様に向けてメッセージをいただきました。
「ぼくはいつも、『日産の田中』ではなく、『田中亮平です』と、自分の名前をフルネームで名乗るようにしています。『日産の田中』だと、お客さんと少し距離ができてしまいますよね。『田中亮平』として、一人の人間として、正直にお客さんと接するのがぼくのスタンスです。それが馴染んできて、下の名前で呼んでくださるお客さんもたくさんいらっしゃいます。いつも正直に。今後も変わらない田中亮平でいます」

これからも正直な接客を貫きます!

Photo Gallery

店舗情報

日産大阪販売株式会社 岸和田北店
〒596-0821 大阪府岸和田市小松里町2409
Tel.072-444-2329 Fax.072-444-7085
営業時間:販売・・10:00~19:00
サービス・・10:00~18:00
店舗詳細はこちら

※写真・掲載内容は2018年9月現在のものです


PICK UP STAFF

日産大阪のホームページへ

ページ上部へ