あこがれの副店長を目標に

米田さんは、入社1年後に歌島橋店に異動になり、それから8年間、このお店で働いています。米田さんを含め9人のCAがいますが、若手のころから目標にしているのが、和田副店長です。
「副店長がお客様に『あなたにはこれをおすすめします』と言うと、その一言だけでお客様が納得するくらい、圧倒的な信頼関係を築かれています。副店長が営業課長だったころからずっと、たくさんの事を教えていただいています」

和田副店長は、言葉を荒げたり厳しい口調で叱責されることはなく、いつも優しく穏やか。でも、「芯にある厳しさを感じる」と米田さんは言います。
「結局、営業職は自分との戦いだと思います。自分にどれだけ厳しくなれるか。自尊心も大事だと思いますし、自分で自分のケツをたたくことも大事。自分をコントロールして自分に勝てるかが大事だと感じます。その点では、私はまだまだですね」

見た目からは想像できませんが、米田さんは、実は気が短いのだそうです。
「人に対して怒ることはありませんが、自分自身のメンタルコントロールがまだまだ未熟です。営業成績が振るわなくなるとひどく落ち込みます。逆に、調子がよいときは、天狗になってしまいます。もっと経験を積んで、安定した自信を付けなければと思います」

和田副店長を目標に、謙虚に学び続けます

「継続は力なり」――プラス1の仕事の積み重ね

モットーは、約束を守ること、そして、自分の限界を自分で勝手に決めないこと。
「約束を守るというのは、仕事だけではないと思います。普段の生活でも、家族にも、友人にも。それが結果的に、相手との関係性や私に対する信頼感になって返ってきます。
日々の活動においては、毎日あと一つ仕事をしてから業務を終える意識付けをしています。『帰ってビールを飲みたい』と思うこともありますが(笑)、この一日のプラス1の仕事の積み重ねが、将来につながると自分に言い聞かせています」
小学生のころから、「継続は力なり」という言葉を意識していた米田さん。入社以来、努力を続けてきたことが、今につながっているのですね。

米田さんは、同期入社の仲間からも学ぶことも多いそうです。
「優秀な同期が多く、そんな風に考えるんや、そんな取り組みしてるんやと感心させられます。同期だけでなく、他店舗のCA達とも交流があり、接客の仕方や言葉使いを教えていただく機会が多いです。私は、変なこだわりを持つよりも、他の方の良いところを積極的に取り入れたいと考えています」

米田さんは、人から教わるだけでなく、後輩指導にも熱心です。
「最初に『どうやりたいの?』と聞き、本人がどうしたいのかを確認します。そして、『1回やってみたら』とやらせてみる。やり方を教える事は簡単ですが、自分でやってみて振り返らないと自分のものにならないし、成長しません。まずは自主自立。その結果を踏まえて、次はどうしようかと一緒に考えていくことを心掛けています」

お客様の信頼も厚い米田さんには、忘れられないエピソードがあります。
あるとき、お客様に「米田君、ごめん。クルマ、乗り換えられなくなった」と言われました。お話しを伺うと、ご家族に不幸があり、思い出が詰まった今のクルマを手放したくなくなったというのです。
「なんとかして、このクルマを5年、10年乗れるようにしてくれへんか」と言うお客様を前に、米田さんは、この仕事のやりがいをあらためて感じたそうです。
「営業マンとしては、新しいクルマをお買い求めいただいたほうが成績につながりますが、私は本当にうれしかった。クルマを販売するのも仕事ですが、お客様の人生の大事な部分に深くかかわらせていただけるのは、私自身の生きる意味にもなります」

高い意識をもって仕事に取り組む米田さんに、松井店長も和田副店長も、大きな期待を寄せています。
「いつも一生懸命に仕事に取り組んでいて、今がCAとして脂が乗っている時期。これからも店を引っ張り、さらには店長のポジションを目指して頑張っていってほしいですね」(松井店長)
「米田君は、試行錯誤を重ねながら、自身の営業スタイルを確立してきました。目標達成に向けたモチベーションも高く、CAの主力に成長しました。今後は、リーダーシップをとって、店舗を牽引する存在に成長できると思います」(和田副店長)

すでに3年連続で優秀カーライフ・アドバイザー表彰の銀賞を受賞するなど好成績を上げている米田さん。今、目指しているのは、その上の金賞を受賞することです。
「今回、NIM-1グランプリで優勝という栄誉をいただくことが出来ましたので、これからは、営業成績も伴っていかないといけないと思っています。まだ正直、自分が店長になるというのはイメージがわきません。まずはCAとして実績を積み上げていきたいと考えています」

仕事のやりがいを感じ、前向きに学び続ける米田さんに「営業の仕事は楽しいですか」と聞くと、「もちろん、楽しいですよ」と明るい笑顔で答えてくださいました。
「さぼることも楽をすることもしようとすればできる。しかし、どうするかは、自分次第ですね。自分との戦いだなと思います」

「営業の仕事は楽しい」と語る米田さん

Photo Gallery

店舗情報

日産大阪販売株式会社 歌島橋店
〒555-0025 大阪府大阪市西淀川区姫里3-12-44
Tel.06-6473-1123 Fax.06-6474-8838
営業時間:販売・・10:00~19:00
サービス・・10:00~18:00
店舗詳細はこちら

※写真・掲載内容は2018年9月現在のものです


PICK UP STAFF

日産大阪のホームページへ

ページ上部へ